埼玉県平和運動センター : 2022

menu

埼玉県平和運動センター

さようなら原発首都圏集会開催

 4月16日、さようなら原発首都圏集会が東京亀戸・中央公園で開催され、2300人が参加した。福島原発事故から11年が経過したが、事故の収束はいまだに見通しがたたないなか、政府は原発再稼働を進めようとしている。また、来年春を目途に福島原発事故で発生したトリチウム汚染水の海洋が強行されようとしている。地元や漁業関係者の反対を無視した政府の姿勢をゆるしてはならない。

 こうした事態のなか、ロシアのウクライナ侵攻によってチェルノブイリ原発や、欧州最大規模のザポリージャ原発がロシア軍の攻撃の的になった。戦争が始まるとまず原発が狙われることが明らかになった。ロシアの蛮行に抗議するとともに、国内の原発を廃炉にすることが求められている。

 集会は、鎌田慧さんのあいさつではじまった。その後、福島原発刑事訴訟支援団、核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団、東海第二原発運転差止訴訟原告団などの代表の発言が続き、落合恵子さんの閉会あいさつで集会は膜を閉じた。その後錦糸町駅方面にデモ行進を行い行動を終えた。

 

関連記事

カレンダー

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031