埼玉県平和運動センター : 2021

menu

埼玉県平和運動センター

3.27さようなら原発 首都圏集会 開催される

 福島原発事故から10年を迎えた今年3月27日、「さようなら原発首都圏集会」が東京・日比谷野外音楽堂で開催されました。新型コロナウイルス感染症対策として、会場には収容数の半分の1300人しかは入れませんでしたが、会場の外におよそ200人が集まり全体で1500人となりました。
 集会では、主催者を代表して鎌田慧さんが「福島ではまだ帰れない人が4万人以上いるのに、政府はまだ原発を運転しようとしている。一日も早く原発を停止させよう」と訴えました。続いて挨拶に立った作家の澤地久枝さんは「90歳を迎えたが、命ある限りは反原発の志を若い人たちに訴えていきたい」と述べました。
 福島原発刑事訴訟支援団の千脇美和事務局長は「3月25日から聖火リレーが始まったが、福島県はオリンピックどころではない。放射能汚染水の海洋放出や、汚染土の地方搬出が行われようとしている」と訴えました。
 原自連の吉原毅(城南信用金庫顧問)は「福島の事故で広島原爆の168発分の放射能が出された。政府は、チェルノブイリを上回る汚染地に子どもを戻そうとして援助を打ち切っている。とんでもないことだ」と述べました。
 東海第2原発運転差止訴訟原告代表の大石光伸さんは3月18日の勝訴を報告。「水戸地裁は東海第2原発を運転してはならないと命じた。住民側の勝訴だ。この判決を材料に議論を喚起し、各自治体で再稼働に同意しない運動を広げ、廃炉まで頑張ろう」と呼びかけました。
 最後に、作家で呼びかけ人の落合恵子さんが「私たちが目指すものは原発ゼロの社会。そして世界から核をなくしていく。当たり前のことをしよう。私たちは負けるわけにはいかない。頑張ろう」と訴えました。
 集会後、参加者と会場の外で待っていた人々が合流。「終わってない! 福島第1原発事故」などのプラカードを手に、約1500人が東電前や銀座の街をデモ行進しました。



関連記事

カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930