埼玉県平和運動センター : 2021

menu

埼玉県平和運動センター

福島原発放射能汚染水の 海洋放出を許さない!

 4月13日、菅政権は東京電力福島第一原発事故によって生じる放射能汚染水を海洋放出することを閣議決定しました。これに先立つ4月7日には、全国漁業協同組合の岸宏会長が菅首相と会談しました。岸会長は海洋放出に反対の意向を伝えましたが、菅首相は6日後の13日には海洋放出を決定したのです。あまりに人をバカにした対応です。断じて許すことができません。
 閣議決定を受けて13日、官邸前で緊急集会が開催され、約320人の市民が参加しました。集会には韓国をはじめ海外メディアも多く取材に集まり、関心の高さがうかがわれました。

 呼びかけ人の鎌田慧さんは「大量の汚染水を太平洋に流すことは許されない。これ以上の環境破壊はない。政府が変われば放出は止められる。あきらめてはいけない」と訴えました。福島県内の59市町村のうち約7割にあたる41市町村議会が、海洋放出に反対、または慎重な対応を求める決議や、国への意見書を採択しています。こうしたことを無視した決定を断じて許してはなりません。福島の漁業は原発事故によって大打撃を受けました。多いときで44種の魚の出荷が制限され、全魚種が出荷できるようになったのは、2020年2月になってからでした。海洋放出が行われれば、福島の漁業は壊滅的な打撃を受けることは必至です。海洋放出を止めるために、多くの人々と声をあげ続けましょう。



関連記事

カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930